フモフモで美味しい日々 浅草 『オマージュ』 ランチ 2014年2月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
浅草 『オマージュ』 ランチ 2014年2月
2014-02-26 Wed 09:15
浅草にある『オマージュ』に行ってきました!
今回はランチでお邪魔しました。

DSCF6637.jpg

最近色々なテレビ番組で紹介されたみたいです・・・!


・テーブルセッティング
DSCF6641.jpg
いつもみたいにメニューは置かれていませんでした。

・今回のメニュー
DSCF6648.jpg
メニューの表記も若干変わっていました。

・ドリンクメニュー
DSCF6704.jpg
グラスワインの種類も変わっていました。

・ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・ドルドネス ○
DSCF6644.jpg
私が注文した最初のドリンクがこちらになります。

酸味が利いていてスッキリとした味わいでした。

・ゲヴェルツトラミネール・グランクリュ・ゾッツェンベルク
DSCF6646.jpg
相方が注文した最初のドリンクになります。

私のものよりもほのかに甘めの白ワインでした。

・グリーンオリーブ ○
DSCF6652.jpg
最初はこちらの料理でした。

この前のディナーでも頂いたオリーブで、再度味わってみるとなかなかいける味でした。

・シャルキュトリー ◎
DSCF6656.jpg
アミューズがこちらの料理でした。

前回までのアミューズとはリニューアルしたそうで、非常に見た目が華やかで入りとしてはとてもインパクトのある料理だと思います!

全て豚の肉でできていて、串に刺さっている豚のクロケット・ポンデケージョと生ハム・パテドカンパーニュ・チョリソー・豚足で作ったガレットとレンズ豆のサラダのソース、でした。

様々な豚のお肉を堪能でき、聞いた限りだと少し重たいイメージがありましたが、そんなことはなく非常に食べやすい料理ばかりでした。

・パンとオリーブオイル ○
DSCF6667.jpg
DSCF6707.jpg
いつも通りのパンでした。
私は二つ目のパンの方が好みです。

・菊芋の温かいスープ ○
DSCF6671.jpg
スープはこちらの料理でした。

ヘーゼルナッツのクリームと泡状のクリームチーズです。

味は普通ですが、器がとても美しいものでした。
なにやら器を新調したらしく、白いスープの見栄えがよくなる黒い器なので、目で楽しむことができました。

・ホウボウのロティ ◎
DSCF6680.jpg
今回の魚料理がこちらになります。

浅蜊とあおさのりのバターソースに上がうるいやたぜりのサラダ仕立てになっています。
白身の魚に割りと淡白な味付けなのでとても軽い印象でした。
かといって美味しくないわけではなく、しっかりと味がしみ込み、魚も山菜も感じることができました。

また、この料理の器も白を基調として、軽い印象の料理にとてもあっていると思います。

DSCF6692.jpg
ちなみに中はこんな感じです。

・シャトー・ド・ラングースト ○
DSCF6712.jpg
メインに備えて赤ワインを注文しました。

私が注文したのがこちらで、赤ワインの中でも結構軽い方なんじゃないかと思います。
飲みやすくスッキリした感じでした。

・ジュブレイ・シャンベルタン
DSCF6720.jpg
相方が注文した赤ワインがこちらになります。

私が頼んだものより酸味が利いていました。

・紀州鴨の胸肉とパスティーヤ ◎
DSCF6725.jpg
今回の肉料理がこちらになります。

紀州産の鴨に付け合せがふきのとうとしいたけ、鴨のソースがあります。
DSCF6727.jpg
とても美しい鴨の火入れです!
味はもう少し塩・こしょうが利いている方が好みでした。

そして鴨以上に美味しいと思ったのが・・・
DSCF6735.jpg
このパスティーヤという料理です!

アラブの方で食べられている料理で、とうもろこしの皮に色々な肉とフォアグラとしめじを入れてパリパリに揚げたものだそうです。

グレードアップした餃子みたいな感じでとても美味でした!

・焦がしたパンのアイスクリーム ◎
DSCF6743.jpg
一品目のデザートがこちらになります。

この大きさの器に入れるのはどうかと思いますが、とても香ばしい醗酵したパンの香りがするアイスクリームでした!
こういった挑戦するデザートを堪能できるのがこのお店の良い点だと思います。

・とちおとめのマリネとフロマージュ ○
DSCF6756.jpg
二品目のデザートがこちらになります。

荒井シェフにしてはとてもシンプルなデザートかなぁと思います。
美味しいことは美味しいのですが、味にひねりはありませんでした。

濃厚な前菜・メインの後にこういうサッパリ系が来ると嬉しいのですが、これまで割りとサッパリ系が多かったので、ここはインパクトが欲しかったかなと思います。

・食後の飲み物とプティフール
DSCF6757.jpg
DSCF6762.jpg
DSCF6765.jpg
私がコーヒー、相方がハーブティを注文しました。
プティフールは小桜のかりんとうと梅のパート・ド・フリュイでした。
人形焼はなくなっていました!

・総評
クリスマス以来のこちらのお店でしたが、ところどころリニューアルをしてしました。
中でもアミューズのリニューアルはとても印象がよく、多分どのお客さんも驚くのではないかと思います。
器にこだわる点もよく、どう料理の見栄えがよくなるか計算しているのだなぁと感じました。

今回私がこのお店で一番大好きな、雷おこし風味の豆乳のブランマンジェがなくなっており、リニューアルに伴い廃止してしまったのかシェフに聞いてみましたが、何と訪問した日曜日は豆乳屋さんがお休みのため作ることができないとのことでした!

やはりこのデザートが浅草にあるオマージュさんを象徴するものだと思っていたので、これは毎回土曜日にお邪魔しなくてはと思いました。

料理の食材としてパンのアイスクリーム以外はシンプルな組み合わせが多かったのですが、今回はアミューズの変更や器の新調など、やはり日々試行錯誤するお店だなという印象は変わりませんでした。

また5月の始めあたりにお邪魔して、今度はどんな挑戦に出会えるのか楽しみにしたいと思います!
ごちそう様でした!

コース:3800円×2
ミュスカデ・セーブル・エ・メーヌ・ドルドネス:1300円
ゲヴェルツトラミネール・グランクリュ・ゾッツェンベルク:1300円
シャトー・ド・ラングースト:1100円
ジュブレイ・シャンベルタン:1500円

税込み:12800円
サービス料:0円
総計:12800円
スポンサーサイト
別窓 | オマージュ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ディズニーアンバサダーホテル 『エンパイア・グリル』 アンバサダーランチ 2014年3月 | フモフモで美味しい日々 | 銀座 『ハプスブルク・ファイルヒェン』 ランチ 2014年2月>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| フモフモで美味しい日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。