フモフモで美味しい日々 南青山 『フロリレージュ』 ランチ 2014年2月
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
南青山 『フロリレージュ』 ランチ 2014年2月
2014-02-02 Sun 09:48
南青山にある『フロリレージュ』に行ってきました!
今回も一人4200円のランチで訪問しました。

DSCF6248.jpg

前回同様のハイセンスな空間を体験することができました・・・!!
・テーブルセッティング
DSCF6251.jpg
店内はとてもオシャレな雰囲気が漂っています・・・!

・今回のメニュー
DSCF6253.jpg
どれにしようか非常に悩みます!

ちなみに、前菜には他にもフォアグラがもう一品、九州の筍のソテーがあります。
メインの本日の魚はヒラメのソテーとリゾット、本日のお料理はアンデュイエットとセルヴェルでした。

・四角いグリーンオリーブ ◎
DSCF6268.jpg
アミューズはこちらの料理でした。

定番のアミューズで、前回は一口で食べようとして予想以上に熱く失敗した経験があったので、半分に切って食べました。
改めて食べてみると、なかなか美味しいアミューズだと思います。
普通のオリーブは好きではありませんが、こういう感じでフレンチトーストで出していただけると食べやすいです。

・パンとバター ○
DSCF6270.jpg
DSCF6272.jpg
前回同様オシャレな形のパンです・・・!

・フォアグラと黒トリュフのシフォンケーキ ☆
DSCF6275.jpg
私が注文した前菜がこちらになります。

前回は定番のフォアグラとメレンゲのコントラストを注文したので、今回は新作のフォアグラ料理ということでこちらを注文しました。
トロトロのフォアグラの横にフワフワの黒トリュフのシフォンケーキが乗っていて、上にはサワークリームがかかっています。

やはり文句なしに美味しかった!
まだトリュフの良さは全て分かるわけではありませんが、フォアグラの濃厚な油を軽いシフォンケーキとサワークリームが絶妙に合わさり、フォアグラなのにスイスイ食べることが出来ました。

この料理に合わせて
・Quarts de Chaume ◎
DSCF6254.jpg
フォアグラには定番の甘い白ワインを注文しました。

調べてみるとデザートワインだそうで、かなり濃厚な甘さでした。

・フォアグラとメレンゲのコントラスト
DSCF6282.jpg
相方が注文した前菜がこちらになります。

前回私だけフォアグラを食べたので、相方は今回注文しました。
重いフォアグラと軽いメレンゲの組み合わせはやはり美味しかったそうです。

ちなみに、フォアグラの上にあるナッツはアップルビネガーでマリネしたものだそうです。

DSCF6285.jpg
加えてレーズンパンも頂きます。

この料理に合わせて
・Gewurztraminer
DSCF6260.jpg
私の飲んだワインより甘めは控えめですがスッキリとした味わいのワインだそうです。
DSCF6256.jpg
右が私のワイン、左が相方のワインです。

・アンデュイエット ◎
DSCF6295.jpg
私と相方が注文したメイン料理になります。

挑戦してみよう!と思って、内臓料理がそこまで得意では無い私も内臓料理を注文してみました!
アンデュイエットとは、「豚の腸に豚の腸や胃、喉肉、バラ肉などを詰めたもの」だそうで、こちらでは腸の替わりに豚ばら肉でハツやトリッパを巻いています。
付け合せは蕪とオレンジがかったブラウンのタマネギソースと塩でした。

そこまで内臓内臓した料理ではなく、若干食感が内臓っぽい感じで非常に食べやすく美味しかったです!
また、付け合せのタマネギソースがとても美味しく、色々なバリエーションで食べることが出来ました!

この料理に合わせて
・Beaune Les Avaux ◎
DSCF6291.jpg
お任せで選んでいただいた赤ワインになります。

予想よりもかなり軽めの赤ワインでした。
そんなに重くない内臓料理だからでしょうか。

・豚のセルヴェルとブーダンノワール ◎
DSCF6307.jpg
メイン料理二皿目がこちらの料理になります。

セルヴェルというのは豚の脳みそのようで、それをジャガイモの衣を纏ってフリットにしたものだそうです。
豚の脳みそなんて初めて食べたのでドキドキしましたが、白子のような食感と味でなかなか美味しかったです!

そして、前回相方が大絶賛したブーダンノワールが今回も登場しました!!!
私も食べてみたかったで期待して頂きましたが、確かにパリで食べたものとは全く異なるものでした!
変な臭みや苦味が無く、リエットのようにパンにつけて食べるとそれはもう美味でした!

・サントモールのプティ・クレープ キウィとグラス・オ・レ ◎
DSCF6316.jpg
私が注文したデザートがこちらになります。

サントモールとは山羊のミルクを使ったチーズだそうで、それを中に入れてクレープにしたものがでてきました。
付け合せはキウィとミルクのアイスクリームとココナッツ風味のクリームでした。

結構軽いデザートで普段ならば評価は○にすると思いますが、前菜・メインと内臓で注文して予想以上に重たく来ていたので、こういう軽いデザートは非常に食べやすく美味しかったです!
その辺も計算してメニューを作っているのでしょうか・・・。

・宮崎県産 日向夏とフレッシュチーズのムース
DSCF6318.jpg
相方が注文したデザートがこちらになります。

フロマージュブランというフレッシュチーズに日向夏のジュレとシャーベットと日向夏本体があわせてあります。
こちらも非常にサッパリとした軽めのデザートで、内臓料理の後には良いと思います。

・エスプレッソ
DSCF6326.jpg
いつも通り私はエスプレッソにしました。
こちらのお店はサラサラの砂糖を出してくれるので、底にたまった砂糖をパクパクしやすくてとても嬉しいです・・・!

・カフェオレ
DSCF6327.jpg
相方はカフェオレにしました。

・イチゴのパート・ド・フリュイ
DSCF6333.jpg
前回はほおずきでしたが、今回はイチゴのパート・ド・フリュイでした。
お砂糖タップリでした!

・総評
今回も素晴らしい料理と鮮やかな器の組み合わせを体験することができました!
苦手だった内臓料理も、全く問題なく食べることができ、こちらのお店に来たら毎回メインは内臓にしようかと思っています!

店内の雰囲気やサービスも問題なく、新人のギャルソンの方がいたのですが、その人のフォローも周りの方がしており、非常にいい職場なのだなぁと思いました。
そして当然のように川手シェフ自らお見送りに来てくださり、忙しいであろう中とても好感が持てます。

次は、もうすでに3月にディナーの予約をしているので、ディナーにおける川手シェフのフルコースを堪能したいと思います!
ごちそう様でした!

ちなみに2月から料金の内訳を、メモとして最後に書いてみたいと思います。

コース:4200円
Quarts de Chaume:1260円
Gewurztraminer:1260円
Beaune Les Avaux:1680円

税込み:14280円
サービス料:1428円
総計:15700円
スポンサーサイト
別窓 | フロリレージュ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<銀座 『ハプスブルク・ファイルヒェン』 ランチ 2014年2月 | フモフモで美味しい日々 | 広尾 『マノワ』 ランチ 2014年1月>>
この記事のコメント
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL
| フモフモで美味しい日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。